MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

筋トレに適切な回数

2017.05.29

ダイエット

発達させたい筋肉を成長させ、脂肪を減らし、体を作っていくためには筋トレが大事なのは当たり前の事ですが、何回やればいいとか、何セットやればいいとかって最初に浮かんでくる疑問ではないでしょうか?

やればやるほど効果あるの?どれくらいで結果でる?とよく聞かれます。
本当に難しい質問ですが、パーソナルにつけば効果があるんだ、このまま続けたらどうなるんだろうと思えるようになるのにそんなに時間はかからないです。
逆にはじめたのに数カ月もたいした効果を感じないのであれば、やり方に問題があるかもしれません。

回数についてですが、その人のレベルや筋肉の使い方の癖にもよりますが始めは多い回数で動きになれる期間は確実に設けるべき期間だと思います。15回から20回を3セットぎりぎりできないくらいの重さを選んでフォームに集中してください。

筋トレ始めたけど効果が実感できていない人で男性のほとんどが自分のコントロールできない重さで普段筋トレしています。重いものをあげるのは重要ですが、それは適切な使い方が先ずできていての話です。

女性は軽すぎる重さで追い込むまでやれていない人が多いです。慣れてきたら重いのにチャレンジすることも大切です。

ではフォームに慣れてきた、脱初心者の方はいろいろチャレンジしていきましょう。10回3セットにして少しづつ重さをあげて最後のセットは10回ぎりぎりできないような設定にしたり、10回3セットで同じ重さで3セットクリアしたら次回重くするでもいいですし、
5回5セットに設定してもいいし、色々な体験をすべきだと思います。
研究では回数が多くても、少なくても限界までしっかり追い込めていれば筋肥大の効果は同程度と出ています。筋力の強さは重いのを使ったグループのほうが大きかったので、関節を休めながら筋肉に刺激を送るときは回数を多めでやったりと調整ができるようになると素晴らしいと思います。


自分がやりやすいやり方を見つけるのも筋トレの楽しいとこです。大事なのは短い時間でいかに効率よくできるか。

慣れてくるとわかると思いますが、同じ部位を続けてやっていると、追い込みきれないなーと思ってくるのでそうなったらそれ以上やる意味はありません。逆にいえばそうなるまでに筋肉を追い込まなければいけません。心肺機能だけ疲れていても筋肉には刺激がいっていなければ意味がありません。

後はシンプルに集中力が続くのが長くても2時間いかないのではないでしょうか?
自分の集中力が続く時間内に目的のトレーニングを終わらせられるプランを作りましょう。

筋トレに正解はありませんので色々試すといいです!
でも不正解も沢山あるのも事なので気を付けましょう!

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング