MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

DIT 食事誘発性熱産生

2017.09.22

ダイエット

難しい言葉ではありますが、簡単に説明します。

一日の消費カロリーの内訳を説明していくと、基礎代謝が60%、身体的活動が20~30%、で食事誘発性熱産生が残りの10~20%となります。

基礎代謝は寝てるだけで一日消費するもの、身体的活動というのは、運動、歩く、立つ等で消費するもの、食事誘発性熱産生というのは食事をして消化して吸収してという活動で消費されるものです。
これも意外と大きく消費を左右することが分かります。

食べないでダイエットするとこれがまずなくなってしまうので代謝が下がるのはすぐわかりますね!

これが栄養素によっても大きく変わります。たんぱく質が30%熱として処理され、炭水化物は6%、脂質は4%とたんぱく質の割合を多くすると代謝があがるのがわかります。

なのでダイエットなどで食事のアドバイスでよくたんぱく質を増やすのは筋肉のためでもありますし、代謝を上げるためでもあります。
もちろん極端なのはよくないですが、程よいバランスの中で上手く変化させるだけで満足感はあるのに、痩せられる代謝のいい身体になります。

これが身に付けば後は運動を続けていくだけ!
食事も運動も工夫して飽きないようにして続けましょう。

お問い合わせ・無料カウンセリング