MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

股関節周辺可動域の確保の重要性

2018.02.16

ダイエット

股関節と肩関節は自由度が大きい故に様々な代償動作が見られます。

40肩などは年齢が問題なのではなくて代償動作が続いた年月の長さの方がより関与しています。

自由度が大きいということはその分関与している筋肉がたくさんあるのでそれらがバランスよく長さを保ち、強さを保っていられれば痛みももちろん姿勢はかっこよく変な太り方はしません。

太ももが太い、肩が張ってて大きい、肩幅が広い、O脚、X脚などの姿勢の問題を遺伝のせいだと思って諦めている人がたくさんいますが、個人差はあれど改善する余地は絶対に誰でもあります。

そしてその改善のために避けて通れないのが股関節周辺の筋バランスだと思います。
立ったり、あるいは



使えない筋肉があるのは痩せるのに必ず邪魔になるので、動かし方は覚えないといけません。


トレーナーはまずどこが代償されてしまっているかを見つけて、改善していく必要があります。

ストレッチや整体、などである程度姿勢を整えることは可能ですが、整えた後正しい使い方で鍛えてあげる必要が絶対にあります。


組み合わせるというか、両方分かって改善していく必要があります。


難しいけど綺麗に痩せるための近道!

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング