MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

たんぱく質摂取量と身体の変化の関係

2018.06.10

ダイエット

今回はhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29702029より引用しております。

消防隊員に対しての実験で男性で軽度の肥満グループの方対象の実験です。
たんぱく質を体重×0.8g以下、0.8g、0.8g以上のグループに分けて変化を見た実験です。

短い期間の実験で対象者は43人ですが0.8g以上のグループに筋肉量と脂肪量にいい結果が見られました。

たんぱく質は自然と食事していれば体重のg数ぐらい行くと思いますが、お客様やカウンセリングにくる方の食事を聞いていると足りてない人が多いです。

朝食べれなくて、昼も麺類でとなったりしてしまうと魚、肉などからたんぱく質が摂取できずに不足してしまいます。

一日に少なくとも一食は魚か肉メインのしっかりとした食事を意識してほしいです。
身体をつくる材料はしっかり準備してください。

特に筋肉が減少しやすくなる30代以上になると食事量も減ってしまい、更に体型も悪くなっていきます。
少ない食事量の中で栄養を確保するには質を高める必要があります。

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング