MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

スクワットで深くしゃがめない

2018.11.18

ノウハウ

スクワットの動作ではなく普通にしゃがみこめないのであれば足首が硬いと推測できるため、カーフレイズ(自重で十分だがストレッチを入れるため台の上でできるとベスト)を行ってみると変化が感じられると思います。他には足裏をテニスボールやゴルフボールでぐりぐりほぐすだけでも十分違いを感じられると思います。片方だけやってみたりして違いを感じてみてください。

膝下がハムや臀部を引っ張っている分ハムや臀部も少し使いやすくなるのでスクワットしやすいとおもいます。アナトミートレインでいうバックラインです。

足首が原因でなくハム、臀部などの動きが悪い方へはハムもストレッチすることが多いと思いますが膝を上手く使い骨盤は前傾させる方に力を入れながらやることでより臀部よりのハムをストレッチできますので意識してみてください。(ストレッチ状態でこれを意識するのが最初は難しいです。)
そうすることにより大腰筋等も縮む事を覚えますので骨盤が動くようになり深くしゃがむ事ができると思います。指導している人はどの筋がどこまでの伸張が可能でどこまでの収縮が可能が把握しておくと指導しやすいと思います。その場で違いを感じられるとお客様も大切なんだと理解してくれるはずです。

重さを追求することもモチベーションになったり、筋力がついたりと大事ではあります。
ですが綺麗に脂肪を減らす、姿勢を整えるという目的であれば普段自分が使っていない部分を使う必要がありますのでこういった工夫、普段のストレッチも大切になってきます。

少し説明が難しくなったかもしれませんが体験してみれば分かると思いますので、一度やってみてください。

深くしゃがむ方がメリットが沢山ありますよ!

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング