MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

筋トレで作る筋肉は実用的?

2017.07.28

お知らせ

筋トレで作る筋肉は多くの人が無駄とか大きいだけじゃ意味ないとか、最近はクロスフィットが日本では流行っているのでファンクショナルトレーニングを普段行っているトレーナーさんも未だに、ウエイトトレーニングではインナーマッスルが鍛えれないとか体幹が鍛えられないからスポーツや日常生活には使えない見せる為の筋肉と言っている人がいます。

実際どうなんでしょうか?

体幹が使えるから重い物を持ち上げることができるので、体幹はものすごく鍛えられます。
ファンクショナルではないというのは半々だと思います。
確かに、スミスマシンや単関節運動を多すぎるくらい筋トレをしていて筋肉の連動を理解できていないトレーニーにはファンクショナルではないと言えます。
逆に重い物を複合的に動かし体で理解しながら重い物をあげるのはとてもファンクショナルだと思います。(スクワット等を浅くやってるのは別ですが、)
一般的に痩せたい、いい身体になりたいくらいだったら筋トレが一番いいです。

筋肉が大きすぎて関節の動きに制限ができるほど筋肉が発達しているボディビルを職にしている様な人でないかぎりほとんどは大きすぎるということはないです。そんなに簡単にはあそこまで大きくならないです。

アスリートの方もコーチの方もまだまだ理解している人は少ないなと感じます。
この壁がなくなれば日本のアスリートもっと成長できます。(かなり考え方は見直されて筋トレしっかりしているアスリートがかなり増えています)

フルでしっかりスクワットしていればジャンプ力だってあがります。
ファンクショナルはこの地盤ができてから更に必要な動きに合わせて動かせるようにトレーニングしていくのが僕の考えです。

筋トレしていても十分にスポーツで活かせる筋肉が鍛えられます。
筋トレは使えない筋肉と言っているのは昔に誰かが言い始めた迷信。
そしていまだにそう伝えているトレーナーさんもまた罪です。

もっと知りたければお話聞きに来てください。

お問い合わせ・無料カウンセリング