MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

プロテインの摂取タイミング(少し詳しく)

2016.12.29

ダイエット

今回は前回よりも少し詳しく、食事がしっかりコントロールできている前提のお話になります。

頭でどこから話していいのかまとまっていませんが、先ずはトレーニング後のプロテインの量について、これはいろいろ意見、結果がありますが、筋肉量によって必要量は変わってきますが、30gくらいがホエイであれば妥当だと思います。
人の吸収では一時間30gくらいのたんぱく質が限界でホエイだと吸収が早いので30gくらいに抑えられると効率よく吸収できると思います。これがカゼイン、ソイとかであれば少し増やしてもいいです。
勘違いされてる人が多くたんぱく質一回で30gまでしかだめというトレーナーさんもいますが、お肉などの食事から食べる場合は消化して分解するのに時間がかかりますから一回の食事で30gというのはおかしい話です。
だったら肉200gもだめになってきてしまいます。

消化に5,6時間かかるとしたら150gくらいのたんぱく質を一度に食事しても体は対応できるでしょう。(人によっては)

ここまではたんぱく質の量です。トレーニングの前後の栄養に関しては、
トレーニング直前直後はどっちがいいか、意見がいろいろありますが、極論どっちでもいいです。
ただ筋肉を使っているとき、使った直後は血液が筋肉に行っているので、内臓がきちんと働いてくれないので気を付けましょう。なので消化しやすいホエイがトレーニング直後に一番人気な理由です。

きちんと決めたい人は一日でどのタイミングで食事をしているか、どのタイミングでトレーニングをするかで考えたほうがいいでしょう。
食事がトレーニング前2時間くらいでとれるなら問題ないし、空腹でトレーニングすることになれば早めにプロテインを飲んだら分解を止める意味でもいいでしょう。

一番大事なのがやっぱり一日のプロテインの量ですが、かといって2時間おきに栄養摂取する人をみますが、逆にアミノ酸の感受性が悪くなるので栄養摂取は4時間程度開けたほうがいいです。
なのでこういうことも考えて一日トータルでプロテインと食事をうまく摂取していくと、トレーニングの効果がしっかり体に現れます。

タイミングについての記事でしたがタイミングより一日の量をまずは調節しましょう!

 

 

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング