MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

寝起きと血圧の関係

2017.01.05

ダイエット

あけましておめでとうございます。

今日は血圧のお話です。

血圧は血が流れるときに血管にかかる圧のことです。
高血圧で血管に圧がかかり続けるともちろん体に悪いです。
高血圧の人はお医者さんに言われていると思います。

動脈硬化、心筋梗塞、怖い病気が待っています。

逆に低血圧で朝弱くて、、っていう人もいますが血液は栄養を運んだり酸素を運んだりと、運搬作業をしてくれているので血圧が低いということはポンプされてなくて、血液が運ばれていない状態です。
立ちくらみがする、めまいがするなども急な血圧の変化によるものです。

車でいうとエンジンがうまく動いてない状態ですね、逆に高血圧はオーバーヒート。

どうしたらいいかというと、やっぱそうかっていわれそうですが、運動と食事です。
肥満などによる高血圧は体重を下げることによって変化しますし、低血圧などは筋力不足で弱いのも原因にあるので運動で改善します。

女性の方は特に運動を始めると普段の生活の中で汗をかきやすくなったと仰るお客さまが沢山いますが、これは筋肉が動くようになって血液の循環がよくなったからです。

excersise is medicineという言葉がありますが、運動は薬です。
今年も皆さん運動して健康に過ごしてください!

 

 

 

 

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング