MENU

無料
カウンセリング

ネット予約
&電話予約

BLOGブログ

猫背の種類と体の老化

2018.07.06

ダイエット

猫背の種類猫背とは背中が丸いことを表現しますよね。
猫背にも種類がありどれに自分が当てはまるか鏡を見てみてください。
背骨はほどよいS字を描いているのがバランスが取り易く姿勢も無理なく綺麗です。

なのでどこかに丸みが強くでてしまうのは良くないです。

なぜ良くないのかというと動物は真下にかかる重力に対して抵抗しないと立ってられないです。
丸くなれば一方への引っ張りが強くなり(上の画像の方向で言うと背中方向)、その分前にも重心を持って行かないとバランスとれませんよね?

ジェンガみたいに一つ抜いたら、反対側抜かないと倒れちゃいます。
でも人間はジェンガとは違いその周りに筋肉という引っ張れるロープがあります。
多少後ろに重心が行ってもどこか前を縮めてしまえばバランスはとれます。

でも長くは続かないのその部分の筋肉が縮んで固まってしまい柔軟性をなくしていきます。
骨みたいに固くなって動かなくなればそのほかの筋肉で動かそうとします。
その繰り返しで使える筋肉が少なくなっていきます。


そうすると歩いたり、運動しても消費されるカロリーが変わってしまいます。
なので年を重ねていくと、筋力は弱く、足も上がらず、脂肪はついて張りもなくなってしまいますよね。

BELIONのトレーニングの特徴はどこまで体の老化が進んでいるかを考え順番に治していくことで、結果誰でも見た目がスッキリします。痛みなどがあればなくなっていきます。

猫背は老化の始まりだと思ってください。(実年齢はあんまり関係ないですよ。油断しないで)
上の画像以上にいろんなタイプの姿勢があります。
それぞれ対処を変えていけるのがパーソナルトレーニングの良さだと思います。
自分の体の癖と向き合っていけば、生涯健康!

ACCESSアクセス

お問い合わせ・無料カウンセリング