MENU
キャンペーン

手ぶらでOK!無料体験コース

ネット予約&電話予約はこちら >

close
キャンペーン
close

BLOGブログ

産後の骨盤矯正は必要?骨盤は前傾?後傾?

2020.05.26

ノウハウ

今回は産後の骨盤矯正についての記事を書きます。

産後の骨盤矯正はいる?

産後の骨盤矯正と聞くとどんなイメージを持っていますか?

1、ずれてしまった骨盤という骨を矯正

2、骨盤周りの筋肉をほぐす

多分人によって筋肉だろ。骨だろ。というイメージが違うのではないでしょうか?

僕の意見では基本的に、骨についている筋肉をほぐしたり、使えるようにするというのが骨盤矯正だと思っています。骨盤だけもしポンっと治せたとしても、力の使い方を間違えれば元に戻ります。

恥骨結合が離れるとか大転子が外にずれるというのも力が中に集まっておらず、外に逃げてしまうのが悪いのでそうなっていまっている力の使い方を治すというのが一番大事だと思います。

なのでいるいらないで答えると、運動も含めた意識でならいる!
なにもしないのは、姿勢がどんどん崩れる可能性があるので行動には早めに移しましょう。



どのように骨盤が崩れる?

骨盤がずれるというのは恥骨結合という恥骨の所が離れているとその状態を体が覚えて固定してしまうと、筋肉の使い方が変わってしまい、腰痛、お尻が垂れる、猫背、などなど、いろいろな問題が出てきてしまいます。
ここを専門にやっている骨盤矯正の治療院に通うのも産後はいいかもしれません。

でも運動を正しいやり方でやればここもしっかり治していけます。

そこで大事になっていくのが体幹などの使い方になります。

骨盤底筋群、内転筋、腹筋群を使い骨盤に対して力を中に入れていかないといけません。


骨盤の前傾と後傾

 

産後は骨盤が前傾しやすいのですが、これは妊娠中にお腹に赤ちゃんがいて重さが前にあるために、お腹が前に引っ張られ、骨盤が前傾しやすくなります。

ですが、産後の生活では子供を抱っこしたり、家事をしたり、と反り腰の状態で前にかがむ機会が増えます。抱っこでは骨盤を前に出して自分は少しのけ反る姿勢になったり、骨盤の横の部分に赤ちゃんを乗せたりと姿勢が崩れやすい状態になってしまいます。


少し写真を見てみましょう。想像しながら見てみてください。

 

 

 

通常のS字

上の写真を見てください。右を向いている人だと思って下さい。三角は骨盤です。骨盤は少しだけ前傾しているのが理想で、背中の中心あたりは丸くきれいなS字を描いているのが正しい姿勢です。


反っている状態

妊婦さんに限らずですが、こういう形の骨盤前傾の方が多いです。通常のS字に比べ、少し上の部分を反っており(点の部分)、そこから下はまっすぐ固まっていて、使えていない状態。

この状態で腹筋、スクワット、デッドリフトをしても、固まっている腰に負担がかかりやすく、臀部や、腹筋など使いたい部分を使うのが難しくなってしまいます。

まっすぐ

では一旦反っている部分だけ戻してみましょう。そうすると今度はこのようにまっすぐになり通常と比べると骨盤は後傾している状態になってしまいます。

こうなるとお尻なかなりなさけなくなり、筋トレしても全然使っている感覚が分からなくなってきます。産後少したって骨盤が後傾している人はこんな流れでまっすぐになってしまっている人も多いでしょう。


骨盤前傾と言っているのは床に対して前傾している状態を指していますが、実は腰骨に対しては後傾だったりするかもしれませんよ。


頭ごちゃごちゃになってきましたか?


矯正方法は?

色々な運動を意識してやってほしいのはもちろんなのですが、骨盤を整える準備体操と外に力を逃がさないワイドスクワットを紹介します。


1、骨盤を整える準備体操

カメラ目線ですいません、少し前に紹介したので見覚えがあるかもしれません。まず両足90度曲げます。これで左右に動いて、股関節を動かしてもらえれば股関節の動きがスムーズになります。

 

2、しゃがんで腰を正しく反ってみよう。

しゃがんだ姿勢、右の姿勢を作ってみてください。


筋力が弱いとしゃがんだ時に右のような姿勢が作れません。写真のように何かにつかまって手を使ってサポートしてもいいのでこの姿勢を作るのにどんな筋肉を使うのか覚えてからスクワットなどの運動にとりかかると効率がぐんとあがります。


昔は産後でも和式トイレやほうきでの掃き掃除などで体を使う事から、昔の方のが自然と産後の体型は戻りやすかったとか、今はなんでも便利ですからね、将来の人間の体が心配です。

 

 


3、ワイドスクワット
スクワットの細かいやり方は別記事でありますのでよろしければ見てください。https://belion.jp/cms/wp-admin/post.php?post=1840&action=edit

今回はワイドスクワットのよくある間違いを意識したポイントのみ説明します。

膝が中に入っている

膝の正しい向き

先ず↑の二つを見ると全然恰好が違うのがわかります。ワイドに足幅を広げると特に膝は逆に内側に入りやすくなってしまいます。
膝の皿が、足の指の真ん中の上にくるように意識しましょう。

膝が内側になってしまっている

正しい膝の向き


上の向きで見ると分かりやすいですね。


下ではお尻がしまっているかしまっていないかの違いを見せます。
お尻がしまらないまま膝が伸びてしまうと力が大転子の方向に逃げてしまい、骨盤矯正としてやっているのにお尻が広く垂れてしまいます。しっかり膝を伸ばした力を骨盤の中心に集めるようにお尻に力を入れるよう意識しましょう。

お尻に力が入っていない

しまっている

 

しまっていない

 

しまっている


上の二枚ではお尻が力入っているかどうかはみればしっかり分かると思いますが、膝の向きと脚の形をみてもらうと、お尻がしまっていない写真では膝が内側に向き、O脚に見えるのが分かりますか?

 

O脚は力が外に逃げる事で脚が外に広がってしまう症状です。骨盤を矯正したい産後ではこのように股関節から考える骨盤への影響を意識してトレーニングしていかなければいけません。




このようにお尻をずっとしめて生活しろというわけではありません。
鍛えて正しい使い方を覚えてほしいです。

ACCESSアクセス