MENU
キャンペーン
ENGLISH

BLOGブログ

要注意(女性)、前ももが太くなる本当の理由

2021.01.12

ノウハウ

前ももの太くなる理由

歩き方、立ち方、自分の姿勢が悪いため、で立ててないと無駄に筋肉もサポートしなければいけなくなります。

1、膝が曲がっている

2、膝が伸びすぎている

今回は前もものお話なので膝に注目していますが、伸びすぎていても、曲がっていてもいけません。

共有赤が骨、黄色が筋肉

上の写真をイメージしてみましょう。赤は骨組み、黄色がそれを支える筋肉です。
赤の骨が真っすぐでなければ黄色の筋肉がそれを倒れないようにするために働かないといけないのがわかりますね。

 

ヒールで変に歩けば膝が曲がって、左のような使い方になってしまうかもしれないし、座る時間が多く運動不足の人が立ち姿勢、歩き方は右のようになりやすいかもしれません。

悪い姿勢になれば体の使い方は限定的になり、使わない所はそのままでは更に太くしてしまう恐れもあります。

反対に言えば骨で真っすぐ立てれば無駄に筋肉は使いません。


治すイメージ

これを改善するためにどう治していくイメージをもつかというと、先ほどの写真でいう黄色の部分の前後のバランスを整えることです。(実際は体は3Dだけど2Dで説明しています)

四頭筋も正しい使い方は学ぶべきだし、ハムストリングスもそう。
どっちもちゃんと使えて初めて真っすぐを作れます。

どっちも動かしましょう!!

前ももを使うのが怖い!

女性は特に、前ももを太くしないため、使いたくない!という質問が多いので今回この記事を書いていますが、下の様なスクワットをインスタなんかでよく見ます!
もも裏、お尻を意識しているのはよくわかるのですが、本当に効率悪いです。
膝を出さないでとか、腰反ってとか、よくあるアドバイスをそのまま受け取ってしまうとこうなってしまいますが、個人個人で体は違うのでその人に合ったアドバイスがあるので、気をつけましょう!

間違ったスクワット

上の写真だと腰にも悪いし、骨にも重りが乗っていないので綺麗な脚にもお尻にもなりませんよ!
上のやり方でスクワットやるならいっそグッドモーニングしたり、デッドリフトしたりのが裏側のストレッチはしっかり効きます。

スクワットはあくまで前ももをしっかり使って初めて臀部が使えるので、前もも使わなすぎもいいことはありません。それに、正しく前もも使えば確実に細くなります。

使わないようにするのは脚痩せには遠回りです。


鍛え続ければ前ももも太くなる?

とはいえ前ももに筋肉痛はき続けていいのか?前ももしっかり鍛えれば太くなるでしょ。と声が聞こえてきそうですが、女性は男性みたいに筋肉がつくことは99%無理です。

いやな筋肉ついたと思っている人のほとんど鍛え方が間違っているだけなので筋トレをあきらめないでください!

ACCESSアクセス